「キャバ嬢と付き合うことになったんだけど あいつ 店でしか会ってくれないんだよね」

| | コメント(0) | トラックバック(0)

実家を相続したときに取るべき2つの選択肢】(東洋経済オンライン
不動産は資産ではなく負債なんだと常に申し上げておる。現状カネを稼いでくれるモノだとしても、いつどうやってひっくり返るかわかったもんじゃない。
ナニゴトもなく平和な手続きで手放して利益が出たとき、不動産が不動ではない財産と化して、やっと資産になるのである。
思い入れがあるだけの遠く離れて管理も満足にできない、しかも不便な場所にある不動産なんぞ「建物解体費負担します」というオマケをつけてでもとっとと売り払うべき。
知り合いがそんな古家を持っててさ、地元の不動産屋に半年に一度見回るっていう管理を頼んでたんやて。
たかだか半年の空白期に、知らない誰か(たぶん違法業者)に古タイヤを庭にドーンと積まれまくってて、泣く泣くそのタイヤ処分の費用を持ったんだと。タイヤから火が出てあたりを焼いたら、どえらい賠償金払わなアカンくなるから、ほんましょーがなく。
自分できっちり管理できない(地元の業者にそれだけの管理費用を払えない)場合、こういうトラブルも起こり得るわけですよ。
思い入れなんて資産になるわきゃない。不動産は、強いけど最終的にはババとなるジョーカーに似ている。チャンスがあるうちに手放すべきや。

┗━ *中野龍三Web*


“データ消失”の悲劇防ぐ 今すぐできる、大事なデータの整理・管理方法】(ITmedia NEWS
実際このやり方で毎週仕事用データのバックアップを取り続けて7年目のあたくし登場。さらに1年分12個のフォルダは、年度末に年フォルダへまとめてます。
ぶっちゃけ、この年フォルダはもちろん、数か月前のフォルダすら開いたことないねんな。
自宅の個人用データは15年以上にわたって毎週バックアップを取っており、こちらは1か月保存。先週取った直前バックアップデータには過去何度も助けられました。
さらに年1度、正月に取ったバックアップデータを別に3年分保存しとるのですが、これ開いたことない。淡々と毎年データ書き換えするのみで、特に助けられたことはない。
以上の経験から申し上げるに、クッソ昔のデータが必要な事ってあんまないんじゃないかなーと。
まずは頻繁にバックアップを取ること、あとはできれば複数のメディアに保存することを心掛けることができればヨシだと思われる。

┗━ *ネットサーフィン見聞記*


海外「日本はレベルが違うわ」 東京の列車本数の凄まじさが一目で分かる動画が話題に】(パンドラの憂鬱
動画が面白かった。あんな風に運行状況がわかるアプリが欲しいよなー。


「プラモ狂四郎」の原稿盗難は作者の作り話だった】(スラド
著名人である被害者のブログで、本人が被害の状況訴える記事ですらソースにならないって、オソロシイ世の中になりましたなあ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「キャバ嬢と付き合うことになったんだけど あいつ 店でしか会ってくれないんだよね」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.plusxplus.co.uk/mt/mt-tb.cgi/3258

コメントする

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自分が便利

カテゴリ

アーカイブ

 

メールアドレス

    管理人のHN
    (アルファベット4文字)
    アットマーク
    ここのドメイン


    メール送信後、一週間内に何のアクションもなければ、メール不着またはスルーしております。
    再送信もしくは諦める等のご判断をよろしくお願い申し上げます。